ブログトップ > 自作品 > 選別ネット 改良 1

選別ネット 改良 1

 今年最後の連休はいかがお過ごしでしたでしょうか?
私は、「吉村作治の新発見! エジプト展?国立カイロ博物館所蔵品と?」なるものにエサ子と行って
来ました。特に興味があった訳ではありませんが、只券があったので勿体無いからと思い渋々行きま
したが、二人の感想は・・・、「猫に小判」状態でした。

ami200.jpg

  さて、予告通り選別ネットの改良ですが、非常に苦戦しています。理由は・・・。

 右の黄色いものは余っていた「スカルピー」で作成した試作品の型ですが、これが結構高いので今
回は100均の「石粉ねんど」を使用しました。

 試作の型に張り付いている銀色の物は、アルミテープです。これを張らないとホットボンドが型にくっ
ついて、型がボロボロ剥がれ落ちてしまいました。今回も最後に貼り付けます。

ami201.jpg

 とりあえず、試作品の問題点として
? 網が浅すぎて1.5センチ以上のエビだと飛び跳ねてしまう。
? 型が左右不均等なので、ネットがいびつになることがある。
? ネット部分の「のりしろ」をぎりぎりにしたところ、使用中にネットが枠から剥がれてしまう。
  (吉岡商会さんも私も剥がれてしまいました)

 以上をふまえ、試作品(深さ3センチ)よりも1.5センチ深くしてみました。

 型を作ったのは21日ですが、24日になっても中が固まっていないので整形出来ずに非常に苦戦
しているんです。

ami202.jpg

 現在は少しずつ固まるのを待って、左右均一になるように整形しています。

case100.jpg

 固まるのを待っていても暇なので、こんな物を作ってみました。
材料は、プラッケースとラミネートフィルム・マス目を印刷した紙(5ミリ幅で印刷)
どちらも100均で購入できます。

 偶然このラミネートフィルムを見つけたのですが、見つけた時はものすごく嬉しかったのでした。
なぜかって?ラミネートは機械が無いと作れないとずっと思っていたからです。これで色々自作品の
幅が広がるというものです。

 私はイラストレータを持っているので、5ミリ幅のマス目と黒地に黄色の線は簡単に作れましたが、
エクセルだと解像度やピクセルの計算が上手くいかず難しいかもしれませんので、市販の方眼紙を使
うと簡単に出来ます。

case101.jpg

 これは三番目の失敗作です。二番目は、これまた「のりしろ」を少なくし過ぎて水が入り込み、見事
に見づらくなりました。二番目と三番目は、ケースの下に貼り付けた為ケースの足を避けるようにカッ
トしたのですが、水に沈む事が判ったので今度はケースの内側に合わせて作ってみます。

 水槽内だとサイズが良くわからないし、スケールを水槽に入れるのも面倒だしとケースに直接カッターでマス目を入れマス目に塗料を流しこんで作ったのが一番目でした。

 一番目は、プラケースの下の文字を消そうとしてサンドペーパーを掛けたのと、カッターで切れ目を
入れたので太さが均一にならず、半日でお蔵入りしました。
(今はコケ取り用スポンジ入れと化しています)

case102.jpg
 
 一号水槽から三号水槽へ白黒・茶を移動させました。  つづく・・・。






 


スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/25-7d3f0144

profile

えび彦

Author:えび彦
ビーシュリンプの飼育に役立つ?
自作品や失敗談の紹介

北東北在住、飼育暦11年

オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

category
entry
comment
fc2counter
archive
form
rss
link
このブログをリンクに追加する
qrcode
QRコード
copyright
Author by えび彦

Designed by マンゴスチンw

アクア工房恵比村 えび彦です!