ブログトップ > 自作品 > 水槽台設計図

水槽台設計図

 昨日、庵さんから水槽台についてのコメントがありましたので、もう少し詳しく説明いたします。

dai.jpg

 同じサイズの材料に色を付けてみました。
材料ですが、ホームセンターで安く購入できる2×4(ツーバーフォー)を使用します。
1810mm×89mm×36mm・1本300円以内で購入できます。(特売で258円という所もありました)

各サイズについてはまだ確定していませんが、おおよそで言うと下記の通りです。
? 1500mm                  6本
? 600mm                   7本
? 528mm(0.5ミリ?1ミリ前後します) 4本
? 400mm                   4本

 この仕様だと、11本必要になります。カット代も含めると4,000円ぐらいでしょうか?
かなり丈夫にできますが、水槽を含めるとかなりの重量になりますので床が抜けないかと心配です。

 ちなみに、水槽はエーハイムの60×30×36です。台の下にも設置予定ですが、60水槽を入れても左右
に2センチ程の隙間が出来るように設計しました。上からの作業も楽なように、高さに余裕をもちました。

 ※ 外部フィルターを置く場所が無くなるかもしれないので、3台にするかも?

091210-1.jpg

 下の木材、曲がっているのが判るでしょうか?私のように素人だと、丸鋸では綺麗にカットできません。
従って、今回は全てカットしてもらう予定です。

 安い丸鋸だと4,000円?5,000円で購入できますが、1カット50円なので買うより安いと思います。

 ビスは、市販の安いものです。長さ75mmを使用しています。200本入りを購入していましたので、今回
は在庫で間に合いそうです。

 このビスを使う場合は、予め穴を開けておかないと中々ビスが入っていきません。2×4は松が多く、以外
に硬くて丈夫なのです。(1.5?8mmの穴を開けます。)

 従って、道具は充電式のドライバとドリルがあると効率が上がります。(どちらか一つでもOK)
 
091210-2.jpg

 ビスは75mmあるので、接合部分はこの長さで大丈夫です!既にこの仕様で今までに3台作りましたが、
水槽の落下も無く?震度3ぐらいの地震でも大丈夫でした。(いかなる場合でも保障は出来ませんが!)

 製作はもう少し先になりますので、製作過程をご覧になりたい方は気長にお待ちください!

091210-3.jpg

 さて、やっとエビネタです。
今年の春先にある道の駅で購入した「流木」ですが、水槽によって?沈んだり浮かんだりします。
以前は、間違いなく沈んでいたのですが、今回は中々沈んでくれません。「半浮木」状態です。

091210-4.jpg

 水槽を覗くと、なんだか稚エビがアリに見えてしまったので撮影しました。

091210-5.jpg

 7日のブログで、スポンジが「ムンクの叫び」になっていたと報告しましたが、昨日またなりました。
「ムンクの叫び」になる頻度が余りにも高くなってきましたので、別のものに交換したのですが、目が粗いので
稚エビが直ぐに外部フィルターに入り込むんですよね?

 困ったもんだ・・・・・・・。
スポンサーサイト

コメント

ありがと~^^

丁寧な説明ありがたいです^^

我が家もそのうち必要になりそうなので
そのうちとーちゃんに製作させますw
作るの大好きなので喜んでつくってくれるとおもいます^^

製作の途中経過とか完成とか楽しみにしてます

2009年12月12日(土)10時58分49秒|URL|庵 #-|編集Λ
お邪魔しまぁ~す♪

この間はご連絡有り難う御座いましたm(_ _)m

水槽台自作ですかぁ♪

自作マニアなんで興味津津です(*^_^*)

またちょくちょく覗きにくるので宜しくお願い致しますm(_ _)m

2009年12月11日(金)09時55分10秒|URL|海老馬鹿 #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/35-8194022e

profile

えび彦

Author:えび彦
ビーシュリンプの飼育に役立つ?
自作品や失敗談の紹介

北東北在住、飼育暦11年

オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

category
entry
comment
fc2counter
archive
form
rss
link
このブログをリンクに追加する
qrcode
QRコード
copyright
Author by えび彦

Designed by マンゴスチンw

アクア工房恵比村 えび彦です!