ブログトップ > マルビえび彦 > エサ子!

エサ子!

 エサ子(フルネームは「まる美エサ子」)は、なぜエサ子と命名したのか?
昨年は、出張で月曜から金曜又は土曜日までホテル暮らししてました。
私が留守の間は、エサ子にエサ係りをお願いしていた事と、青果に務めているので無農薬野菜が安く手に入る
事からなんとなく「エサ子」と命名。

 一部の人からクレームが着ておりましたが、本人は気に入っているので・・・・。

100107-4.jpg

 昨年夏ごろから自家栽培していたのですが、残りが少なくなって来たので年末に注文(もらった)し保管してい
たほうれん草と小松菜を茹でてあげました。

 以前は、茹でた後丸めてラップであめ玉のようにしていたときもありますが、最近は面倒でも一枚一枚丁寧に
ラッピングしてます。

 左上は最近お気に入りのエビせん。105円ですが、癖になる美味さです。

100107-2.jpg

 ついでに今日も工作しました!
3号水槽の蓋です。100均で購入したアクリル板で作成したのですが熱か水分の影響で反ってしまうので、押
入れから出てきたアルミパイプで補強してみました。

 ガラスをオーダーできるところも見つけたのですが、捨てるのももったいないと言うことで・・・。
成功かどうかは後日報告します!

100107-1.jpg

 ところでこの3号水槽ですが、10匹程の選別していた黒ビーと数匹の赤ビーを入れていました。
(選別外は100匹程オークションで昨年売却済み)

 何気に見ていたら、なんと抱卵しているではありませんか!他にも二匹抱卵していました。
この黒ビー達は、ビーシュリンプを飼い始めた5年ほど前に地元のショップで5匹購入した子孫です。

 当時は赤が主流だったので、結構安く購入した記憶があります。いつかは戻し交配しようと飼育していたので
すが、いつの日にか私自身も赤ビー主体となってしまい黒ビーは放置プレイでした。
 冬場の夜だと室内が8度?10度になりますが、ヒーター無しでも3年生きていたんですよ!

 これからは、大事に育てていこうと思います。(茶色に見えますが、実物はもっと黒いです!)

100107-3.jpg
 
 最後はこの稚ビー。
家にはこんな派手系の親はいないのですが、数匹こんなのが確認できました。

 昨年購入したエビの遺伝子なのかな?
これでだから、ビーシュリンプって面白いんですよね?
スポンサーサイト

コメント

No title

海老眺めながらえびせんを食べる!!笑
水槽の海老達が次は俺たちかっって怯えてますよ(^_^)大笑
今年こそ僕もオークションデビューしたいなぁ♪
ヒーター無しで3年は凄い!
ビーって低水温には結構強いんですね!!

2010年01月07日(木)23時03分29秒|URL|海老馬鹿 #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/51-b7212078

profile

えび彦

Author:えび彦
ビーシュリンプの飼育に役立つ?
自作品や失敗談の紹介

北東北在住、飼育暦11年

オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

category
entry
comment
fc2counter
archive
form
rss
link
このブログをリンクに追加する
qrcode
QRコード
copyright
Author by えび彦

Designed by マンゴスチンw

アクア工房恵比村 えび彦です!