なんでも工房恵比村

ビーとイート??

 今、巷で話題の(ウソです!)「ビーとイート。」
遂に、「ビーとイート?」の試作品が完成しました!!

100113-1.jpg

 まずはこちら!
何だか知恵の輪のようですが、「ビーとイート」の問題点を解消してみました。
問題点として
? 複数水槽が有る場合は、水槽の数だけ本数が必要
? 残ったエサ(芯など)を回収しにくい
? ちょっと短いかも?
などでした

100113-2.jpg

 「ビーとイート?」は、このように合体させて使います。
合体できると言うことは・・・?

100113-3.jpg

 先端にほうれん草などを突き刺して水槽に入れます。(画像にはエサを取り付けていません)
 
100113-4.jpg

 くるっと回すと先端だけが残ります!!!

100113-5.jpg

 先端がカギのようになっているので、先端フックの回収や残った芯などの回収にも使えます。
今後の改良点として、先端フックの素材の変更を考えています。
ステンレスの針金を使用しましたが、意外と曲がりやすいのと半田付けに苦労しました。

 たとえば、庵さんが使用している「ピンクペンギン」をそのまま使用できないか?
素材がプラスチックなので、加工しやすそうですし・・・。

 複数水槽があっても、先端部分だけ水槽の本数分あれば良いですしね?

 長さは、パイプ部分を33センチにしています。以前は、91センチの物しか手に入りませんでしたが、近くの
ホームセンターで100センチの物を見つけました。これだと、33センチ3本取れますし・・・。

 後は、同じものが作れるように型を作らねば!!!

庵さんへ
先端フックの問題が解決しましたら試作品送りますので、今しばらくお待ちください!

吉岡商会さんへ
何を送るか検討中です!!!(福のお礼、吉岡商会スペシャル考案中???)

mongyさん、だーさん、みちのくずんださん!何か使ってみたい物ありましたら(モニター)連絡ください!

ちなみに、商品名ですが「ビート菜ー」(ビートナー)にしました!
(しまりの無い名ですが、姪の名前から一文字頂きました)





スポンサーサイト

コメント

No title

いや、巷で…なんて書かれると、ちょっと調子に乗ってしまいそうです。
とりあえず、今、まだ水質の安定が先だと思うので、今しばらく待って下さい!
それから安定してきたら連絡しますので!
それから、小生は(例の…と言ってもブログ全部読んで頂かないと分からないと思いますが…)ベランダ菜園で小松菜をトーーーゼン無農薬で育ててきました。
それを今、Beeたちにあげたいと思っているところです。
と言うか、本当は小生が食べたかったんですけど、ベランダの採光が悪いのか、人間が食べるには小さすぎるんですよねil||li_| ̄|○il||li
そこで!
Beeに!
と思った次第です。
ビート菜ー、陰から狙いますよ~。

それから開発グッズのことですが、それはまた次回にしておきます(長すぎるコメントすみませんでした)。

(ノ゚ω゚)ノ*.オオォォォォォォォー

完成が楽しみぃ♪
ネーミングも可愛い(*´艸)(艸`*)ネー

私のピンクペンギンを利用するとしたら・・・
ペンギン部分に丸い穴を開けるるとか?
カギの部分でで引っ掛けられないとだめだよね
でもほうれん草を差し込む時に固定しやすくないとだめだし・・・
難しい~~~


コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事へのトラックバックURL
http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/54-9e5fbd2b

 | HOME | 

文字サイズの変更

プロフィール

えび彦

Author:えび彦
何でも工房 恵比村
色んな物を作ったり直したり!?
アクア用品・ペット用品・木工・手芸
スクーターのお話・カメラのお話
地元青森の紹介等、なんでもありのブログです。


オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

カテゴリ

未分類 (50)
なんでも工房恵比村 (253)
えび彦 (479)
自作品 (223)
試作品 (97)
失敗! (30)
実験! (59)
モニター商品 (13)
ビーシュリンプ (242)
ビオ・メダカ (76)
水草 (61)
水槽立上 (75)
復興 (1)
ホシクサ選手権 (31)
恵比村号 (5)
発芽するか?選手権 (19)
ミジンコ (3)

最新記事

最新コメント

FC2カウンター

月別アーカイブ

検索フォーム

RSSリンクの表示

リンク

このブログをリンクに追加する

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード

QRコード

FC2Ad

Template by たけやん