ブログトップ > ホシクサ選手権 > 北日本ホシクサ選手権 その4

北日本ホシクサ選手権 その4

 今日は日曜日。
日曜日はブログの更新はしないのですが、「エサ子」が風邪を引いたので実家へ帰りました。

 途中、ホームセンターでお買い物!
100均に寄りたかったのですが、まだ開店前なのでしかたなくホームセンターで済ませました。

100214-1.jpg

 ガムテープ2個、酸素の出る石、スポイト。
発泡スチロールも買う予定でしたが、高くて手がでません。

 スポイトは95円でした。使用目的はプラナリアの駆除です。少し短いので、後で加工しておきます。
ガムテープ・酸素の出る石・発泡スチロールとくれば判りますね?

 先ほどオークションが終了し、発送準備の為に購入しておきました。
落札してくれたのは、同じ青森県の方でした。恐山のあるところです。近日中に手渡しいたします!

100214-2.jpg

 さすがに今日はネタがありません。
とりあえず、Aの画像です。変化ありません。

100214-3.jpg

 はい、Bです。変化ありません。

こりゃ、明日の報告日は何を報告したら良いのか・・・。

 A及びBの種ですが、一部分色が違うの判ります?
胚の部分ではないかとかってに想像してます!

 さてと、今日はエサ子が居ないので暇だし、オリンピック三昧しようかな?

スポンサーサイト

コメント

やまさん・Shinさんへ

未だに冬場にモスを入れないほうが良い理由は判っていませんが、ウールマットは知っていました。
台所の三角コーナー用のネットをしようしている人も居たようですが、購入した人は少し引いていたようなので、私もウールマットを使用することにしています。

酸素の出る石は、固体に傷を付けるからなんですね?
これは、ウールマットの中に石を入れることで解決しています。

もう少し選別外固体があるので、今週も出品しようかな?

2010年02月15日(月)05時20分13秒|URL|マルビえび彦 #-|編集Λ
No title

fmfm

この前、ヤマト30匹購入した時はウールマットが入っていましたヨ。
つかまるものが入ってた方がいいらしいです。

オリンピック三昧いいですねー
モーグルは惜しかった・・・;;

2010年02月15日(月)04時35分26秒|URL|やま #qjsITxmk|編集Λ
No title

えびは酸素の石を入れるより満タンに水を入れて、揺れを軽減させた方が良いです!酸素の石は、体を傷つけてしまうので・・・

2010年02月14日(日)23時04分56秒|URL|Shin. #-|編集Λ
No title

なんか BEEの卵の人工飼育みたいだなぁ

で、問題は、いくつぐらいの人?かわいかった?
合格なら 「北日本BEEの会」に入会してもらおう
平均年齢が下がるよね
不合格なら・・・・・聞かなかったことに

2010年02月14日(日)20時29分49秒|URL|みちのく ずんだ #-|編集Λ
No title

だーさんへ
芽、出そうですか?昨年失敗しているので、そんな気配すら感じません。
オリンピックの日本のメダルの数よりも気になります。

Shinさんへ
酸素の出る石、入れないほうが良いのでしょうか?
ある方のブログによると、冬場はモスも入れないほうが良いと書いてありました。
理由は書いてありませんでしたが、冬場の発送方法は今後も一工夫必要のようです。エビは同県の方が落札しましたので、今回初めて手渡しいたしました。

2010年02月14日(日)20時26分08秒|URL|マルビえび彦 #-|編集Λ
No title

えびですか??
えびだったら酸素の出る石は入れないほうがいいかもです><

ホシクサ私も育ててましたが、カビてしまい断念しました。

2010年02月14日(日)19時53分32秒|URL|Shin. #-|編集Λ
No title

変化ない?
なんか芽出そう!  な 感じ!

2010年02月14日(日)19時31分12秒|URLだーさん #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/71-6af9ce9e

profile

えび彦

Author:えび彦
ビーシュリンプの飼育に役立つ?
自作品や失敗談の紹介

北東北在住、飼育暦11年

オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

category
entry
comment
fc2counter
archive
form
rss
link
このブログをリンクに追加する
qrcode
QRコード
copyright
Author by えび彦

Designed by マンゴスチンw

アクア工房恵比村 えび彦です!