ブログトップ > 自作品 > 何となく思いつきで!

何となく思いつきで!

 このネタは、昨日中に作成し保存しておいた。
理由は明日水曜日(今日になるか?)「エサ子」が休みの為、まだそばで寝ているからである。
朝早くから、キーボードを「カチャカチャ」すると、うるさいと不機嫌になるので・・・。

※ 朝早くとは、私の場合早朝4時・5時を意味する。




 今回は、画像及びコメントが多いので、仕事中にお読みになるのはご遠慮ください!!!

100310-1.jpg

 さてと、またまたツマラナイ物を作ってしまった。
材料は、なっ○ゃんのペットボトル上部とその辺から出てきたパイプ。
パイプは多分、掃除クリーナーに付いていた物だと思います。ホース部分が劣化で折れてしまい捨
てたのですが、何故かパイプだけが残っていました。
外計18ミリ、長さは20センチ程でしょうか?

「こんな物に使うなよ!」と、キャップが怒っているようにも見えます。
 
 なっ○ゃん、ごめんなさい。

※ 何を作っているのかは、最後まで見ると判ります。
  こんなツマラナイ物作ってと、きっと皆さん怒るかも?(血圧上がっても保障は致しません)

※ 小さいお子様は、お父さん、お母さんと一緒に作ってね!(怪我の保障も致しません)

100310-2.jpg

 この組み合わせはホントに偶然なんですが、キャップの裏側についている白い部分に丁度入るのです。
当初は100均の「じょうご」を使う予定でしたが、穴が小さいので使いづらく困っていたところ、偶然ゴミに
出そうとしている「なっ○ちゃん」が目に止まってしまったんです。

100310-3.jpg

 まずは、キャップにパイプが入るようにカッターで穴を開けます。
白い部分は取り外しできるので、外した方が開けやすいですよ!

※ このカッターマットも年季が入ってきたな??
  なっ○ゃんの顔も無くなりました、これで気にすることなく作業が出来ます。


100310-4.jpg

 はい、穴を開け終わりました。
少しづつ開けるのがポイントです。

100310-5.jpg

 キャップを閉めて合体させ、パイプの位置を調整します。

100310-6.jpg

 パイプの位置は以外に適当ですが、位置が決まったら「ホットボンド」で固定します。
特に強度は求めないので、この部分だけで大丈夫そうです。
不安な方は、エポシキ系の接着剤を使うと良いでしょう!

※ ホットボンドと知り合ってから、色々自作品のレパートリーが増えました!

100310-7.jpg

 プラスチック部分に、吸盤をホットボンドで接着しました。
確か、エアチューブを水槽などに固定する吸盤だったと思います。
色が茶色いのは、使い古しだからです!いつ頃購入したのかも定かでありません。

100310-8.jpg

 完成しましたので、水槽に取り付けて見ました。

100310-9.jpg

 これに、あるものを入れると少しずつ融けて落ちていきます!

※ パイプが汚いのは、ベランダでスプレーした時の赤い塗料が付いているからです。
  後で、剥がしておきます。

100310-10.jpg

 と思ったら、固まって落ちていきました!

100310-11.jpg

 そうです、予告していた「冷凍赤虫」を買ってきました。
特売?で、1枚98円。ネットでエサの通販を調べた見ましたが、一番安いところで10枚1,100円ぐら
いでしょうか?通常1枚だと160円前後のようです。(送料別)

 昨年は、昔通っていた専門ショップで1枚200円の赤虫を使用していましたが、ジップを開けるたびに
全てのエサが空気に触れるので、鮮度が今一?でした。
案の定、2枚購入したのですが使い終わる時には白く変色していましたし・・・。
 

 安いのには訳がある???


このメーカーでは様々冷凍エサを販売していますが、このエサだけは採取(又は養殖)した物を洗浄後
に急速冷凍しているだけなので、ビーシュリンプにどのような影響があるのかが心配なんです。

※ クリーン、UVは殺菌・滅菌をしているようです。
※ 廃盤になったというのは、私の勘違いでした。
  お店の広告が、ただの「冷凍赤虫」だったので・・・。

 ヒドラやプラナリアがどのくらい発生するのか気にもなりますが、今後ブリーディングしていくに当り、
エサの安さは気になりますから、今のうちに実験しようと思っています。

 んん?、なんでこんな物作ったのかって?
冷凍物の場合、水槽に入れても中々沈まないんですよ!
従って浮遊しながら溶けていくので、様々な所に落ちていく。
それはそれで、全てのビーにエサが行き渡るので良いのですが、スポンジに吸い込まれるのが意外と
多いんです。残ったエサの回収もしずらいので、何とか一箇所に沈める事ができないか?と考えたのが
この物体。

 また、一度溶かしてから入れるという方法もあるようですが、気長に融けるのを待ってから入れる程、
気長なえび彦ではありませんし・・・。

 ピンポイントの場所に入れる事も可能です!

※ さすがに真ん中などの場合は、ワイヤー・テグスで固定は必要です。

 ビート菜ーも使ってみましたが、刺すのが大変でした。
まあ、今回の材料代は0円ですから、しばらく使ってみますよ!
ただ、パイプの長さも水位により調節しなければならないので、二種類のパイプを繋げて長さ調節出来
れば使いやすいかも知れません。

100310-12.jpg

 メーカー名はいえませんが、一番人気のないエサ!
量の割には安かったので購入してみましたが、殆ど食べません。(ビーシュリンプ専用エサ)
もったいないので週1?2回与えていますが、朝にはカビが生えてしまい回収する方が多いです。

今後このエサは購入すること絶対ありません!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!

だって、自作の注射器で作ったエサの方が人気ありますし!

今まで使ってみて、市販のエサの中ではヒ○リが一番良いと思うのですが、もう少し安くしてくれたら助
かります。メーカーさん!何とかなりませんか?

 ちなみに、この商品は「赤虫地獄」と名付けましたとさ!

スポンサーサイト

コメント

(〃´・ω)ノ コンバンハ♪

ぎゃぁぁ~~アカムシだぁ~~~
でもビーちゃん達には大好物なんだよね。きっと^^
σ(´・ε・`*)アタシ ニョロニョロがムリポ・・・・です


予告で何作るのかなぁ・・・と思ったら~
( *´艸)( 艸`*)ププッ
色々思いつくえび彦さんの頭はリハビリは終了のようだねw
ホットボンドは手芸用に使ってますがとーちゃんもよく使ってるよ^^
便利だよね。



2010年03月10日(水)21時57分42秒|URL|庵 #-|編集Λ
No title

ただのアヒルじゃないやい
ダッ君です

これって 冷凍庫保管ですか?
それは、困る

2010年03月10日(水)17時55分29秒|URL|みちのく ずんだ #-|編集Λ
みちのく ずんだ さんへ

仕事中はダメと言っているのに、ここにもアヒル没収対象者がいましたね!

赤虫は、一度沈むと浮き上がりませんでした。
赤虫を入れている所の画像がないので判りにくいかも知れませんが、高さの調整を吸盤で出来るので、自然に解凍されて沈んで行きます。

例の不評の市販のエサは、今朝方も沢山残っていましたが、赤虫は殆ど残っていません。(フィルターに白い物体が付着していましたが)

当分この赤虫を使用してみて変な虫が湧いてこなかったら、しばらくこの赤虫を使用してみます!

冷凍は生き返る事はありませんが、もしかして「虫」嫌い?

2010年03月10日(水)17時12分29秒|URL|マルビえび彦 #-|編集Λ
みちのく ずんだ さんへ

家のビーは、赤虫が大好きなようです。
今回購入した赤虫は量もかなり入っているので、5つの水槽で1パック1ヶ月以上はもつかも知れません。

後は、発生する虫が・・・。

仕事中は読んだらダメだと言ってるでしょう!!!
今後言うことを聞かなければ、アヒル没収ですから!

2010年03月10日(水)17時03分38秒|URL|マルビえび彦 #-|編集Λ
No title

禁を破って 私も仕事中に読んでしまいました。
落ちていった赤虫は舞い上がらないのでしょうか?
何となく生き返ったら・・・って思って、乾燥赤虫
なんかかって見ましたが、これまた沈まないので
止めましたが、その方法で舞い上がらないのでしたら
v-218じゃないですか~。
なるほど~。

2010年03月10日(水)16時03分07秒|URLだーさん #-|編集Λ
No title

禁を破って 仕事中読んでしまいました。
とりあえずうちには、必要なかった

でも なっちゃんの蓋とパイプのジャストサイズ
偶然こうなると無性にうれしいですよね
お気持ち御察しいたします

BEE達喜んで食べてますか?

2010年03月10日(水)09時48分56秒|URL|みちのく ずんだ #-|編集Λ
コメントの投稿
  • URL
  • コメント
  • パスワード
  • 秘密
  • 管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバックURL: http://ebihiko.blog63.fc2.com/tb.php/89-4b2e494e

profile

えび彦

Author:えび彦
ビーシュリンプの飼育に役立つ?
自作品や失敗談の紹介

北東北在住、飼育暦11年

オリジナル商品販売のHPはこちら
アクア工房 恵比村

 
Ustream

category
entry
comment
fc2counter
archive
form
rss
link
このブログをリンクに追加する
qrcode
QRコード
copyright
Author by えび彦

Designed by マンゴスチンw

アクア工房恵比村 えび彦です!